ご寄附のお願い

寄附のお願い

 当学園は1957年3月の設立以来、京都府・京都市・労働団体・学識経験者等の協力を得て、京都の勤労者のキャリア形成と生活の安定・充実、真のワークライフバランスの実現を目指す「学び」と「情報収集」の拠点として、様々な取り組みを行っております。
 これらの勤労者教育事業の実施を維持・継続し安定運営するだけでなく、今後一層拡大・充実を図るうえで、是非当学園の活動にご理解とご賛同をいただき、ご寄附をお寄せくださいますようお願い申し上げます。
 なお、当学園への2,000円を超えるご寄附は、「特定公益増進法人」として税法上の優遇措置の対象となり、確定申告により寄附金の所得控除を受けることが可能です。

 

 2020年度に発生したコロナ禍により本学園の財政は未だかつてない厳しい状況に追い込まれています。社会人の学びの場を継続して提供していく上で、皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

寄附のお申込み

ご寄附のお申し込みは、直接ご来校のほか、電話(075-801-5925)もしくは
Eメール(gakuenアットlabor.or.jp *アットを@に変換願います。)にてご連絡くださるか、下記PDFファイルの申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、当学園まで郵送もしくはファックスでお送りください。

折り返し、郵便振替払込用紙(手数料無料)を郵送いたします。

一般寄附金申込書

寄附のお振込先口座

(1)郵便振替をご利用の場合

郵便振替口座 No.01060-0-817

・恐れ入りますが、振込み手数料はご負担願います。
(本学園から郵送する郵便振替払込用紙をご利用くださると手数料は無料です。)

(2)銀行振込をご利用の場合

近畿労働金庫 京都支店 普通預金 No.1131805

・恐れ入りますが、振込み手数料はご負担願います。

★振込先名義はいずれも「公益社団法人京都勤労者学園」です。

受領証明書の郵送

寄附金が入金されたことを確認した後、「寄附金受領証明書」を郵送いたします。

紛失などによる受領証明書の再発行はいたしかねます。

本寄附は、所得税法78条および法人税法37条4項該当の寄附金控除の対象となりますので、大切に保管してください。

寄附金(所得)控除の申告

2,000円を超えるご寄附に対して控除を受けるためには、確定申告書に対象となる金額を記載し、当学園の発行する上記「寄附金受領証明書」を添付して、税務署に提出する必要があります。なお、税制は国の政策によって随時変更されますので、申告の詳細についてはお近くの税務署にお問い合わせください。

https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/other/zei_kojin.html

 

コロナに負けるな!-社会人の学び支援の場継続のために-

2020年春からのコロナ渦により、春の講座の殆どが休講を余儀なくされ、その損失額は3,000万円を超える見込みです。

また、コロナウイルスによる影響は今後も続くと見込まれ、国の提唱する「新しい生活様式」に対応すべく、本学園もオンラインによる講座の開講についても順次着手しておりますが、そのためにも資金が必要です。

本学園は、受講しやすい料金で各種講座・セミナーを提供し、少しでも多くの方が学びのきっかけを得ていただく場として運営しております。京都の地で戦後70年以上続いてきた社会人の学び支援の灯を消さないためにも、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

2020年6月~12月 ご支援御礼

12月10日時点で12団体、59個人の方から

¥1,479,100

のご寄付(クラウドファンディング含む)をお寄せいただきました。各労働組合様はじめ多くの講師の先生方、受講者の皆様方からのご厚志を賜りましたことに、心から御礼申し上げます。

まだまだ厳しい状況ではございますが、今後も勤労者を始め幅広い市民の皆様の「生涯学習」の場として、学園運営に努力してまいりますので引き続きご支援をよろしくお願いいたします。