1. 解雇の自由化を許すな
  2. 1000万連合へACTION

連合京都最新情報

[2017 年 02 月 15 日]

2017春闘の賃上げ相場形成や長時間労働など働き方改革の機運を高めるため、2月15日より各経営者団体等へ要請行動を実施。橋元会長は、15日に実施した京都経営者協会への要請で、安藤経営者協会会長に対し、「デフレ脱却・経済の好循環をめざすためには、定期昇給に加えベア2%の賃上げ及び中小企業に従事する労働者や非正規労働者の賃金改善、長時間労働是正など働く者のための働き方改革が必要」と底上げ春闘への決意と見解を示し、生活改善の観点でまとめた要望書を手交した。その後、経営側・労働側の立場で意見交換し、要求内容への理解を求めた。連合京都は、構成組織やすべての働く仲間の相場形成・交渉支援、また労働法遵守を促進させるため、京都中小企業家同友会(15日)、京都労働局(16日)、京都商工会議所 (17日)、京都中小企業団体中央会(17日)、京都商工会連合会(17日)に順次要請を行い、府内各地協と連携のもと3月上旬にかけて府内の経済団体、各自治体首長、各労基署・ハローワーク等へ要請行動を展開する。

[2017 年 02 月 14 日]

YouTube連合チャンネル、連合ホームページのトップ画面および特設クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーンページ、RENGO-TVでご覧いただけます。各組織におかれましては、次のとおり動画の周知・拡散にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

https://www.youtube.com/channel/UCKWuo32SKk5pRL-pwa–ZQg

[2017 年 02 月 09 日]

2月8日(水)夕刻、京都駅前で2017春闘が本格スタートしたことをPR。橋元信一連合京都会長は、月例賃金改善の継続による底上げの重要性、長時間労働の是正など「働く者のための働き方改革」や中小企業で働く正社員、パートや派遣などの非正規労働者の処遇改善による格差是正の必要性を訴え、賃上げ世論を高めるメッセージを発信するとともに、京都労働者福祉協議会と同時に行動する大学生の奨学金問題PR行動を紹介した。また、民進党京都府連の福山哲郎参議院議員、平井斉己京都府議会議員、安井勉京都市会議員からも、府市民の生活改善と経済好循環のためにも良質な賃上げが必要であるとそれぞれの立場から訴えていただいた。また、廣岡和晃連合京都非正規労働センター所長から、春闘による賃上げ効果が最低賃金をはじめ経済に広く波及効果を生み出すことを訴えるとともに、雇止めや雇用不安などで苦しむ方のための労働相談ダイヤルを2月9日~11日の間、全国一斉で実施することをPR。街頭周辺では、構成組織の仲間や民進党京都府連の皆さまとの連携で連合労働相談PRチラシ&ティッシュを配布した。連合京都労働相談ダイヤル 相談無料・秘密厳守 0120-154-052 お気軽にご相談ください!

 

[2017 年 02 月 03 日]

2月3日(金)夕刻、ラボール京都大ホールで各構成組織代表者や交渉役員250名が参加する中、2017春闘開始宣言集会を開催した。橋元信一連合京都会長は、米トランプ政権の経済政策による国内経済への影響を懸念しつつも、4年連続の月例賃金の引き上げにこだわるとともに、長時間労働撲滅、働く仲間のための働き方改革を実現させる春闘とする決意を述べた。「底上げ・底支え」「格差是正」を重視し、地場の中小企業や非正規で働く人々、労働組合のない職場で働く人々にも希望と安心を取り戻し、「働くことを軸とする安心社会」の実現に総がかりで取り組むと2017年春闘闘争開始を宣言した。

[2017 年 02 月 02 日]

1月30日、ラボール京都第8階会議室にて、構成組織39名、民進党17名、計56名参加のもと連合京都「政治研修会」を開催。今研修会では、連合本部の総合政治局・井村和夫総合局長を講師に迎え「◇公職選挙法と労働組合のコンプライアンス問題について◇野党共闘について」の2つをテーマとした。今研修会は、それぞれの各構成組織或いは、各単組へ持ち帰り周知して頂きたい事が目的。その他にも、年内開催が予想されている衆議院選挙について、連合本部の見解をお聞かせ頂き、大変有意義な研修会となった。今後も引き続き、働くことを軸とする安心社会の実現へ向け、次回の政治研修会へ積極的な取り組みを展開していく。


 

[2017 年 01 月 19 日]

1月18日、連合本部須田総合労働局長を講師に迎え、「2017春季生活闘争における交渉での主張点と実践のポイント」をテーマに学習会を実施。賃上げの流れを継続させ、実感できる生活改善に向けた交渉戦略や要求根拠のポイントについて学習を深めた。15日には、府内中部・北部エリアの構成組織を対象に学習会を開催し要求・交渉準備を図った。連合京都では、「底上げ・底支え」「格差是正」の観点から、連合に加盟していない労働組合や働く仲間の処遇改善のための労働相談を0120-154-052(フリーダイヤル)で受け付けています。お気軽にご相談ください。(秘密厳守・相談無料)


 

[2017 年 01 月 17 日]

連合京都は、1月13日(金)夕刻、リーガロイヤルホテル京都で270名の参加のもと新春旗開きを開催した。橋元信一連合京都会長は、年頭の挨拶で「2017年春闘勝利によって賃上げの流れを継続させ、非正規労働者を含めた処遇改善による格差是正を図ることをはじめ、労働者のための働き方改革への取り組み、年内に想定される解散総選挙の取り組み等々、働くことを軸とする安心社会実現のための運動の前進に総力を挙げる」と決意を述べ、参加の各構成組織代表者と運動強化を誓いあった。ご臨席・ご協力賜りました皆さまに厚く感謝を申し上げるとともに、連合京都の2017年度諸活動に対します一層のご協力ご支援をお願い申し上げます。

[2017 年 01 月 01 日]

本年もよろしくお願い申し上げます。

れんごうきょうとニュース343


[2016 年 12 月 20 日]

12月14日(水)午前の講義で、連合京都「労働組合講義」を実施した。130名強の受講生が出席する中、廣岡和晃事務局長から「連合京都の社会的役割」「労働組合の存在意義」「京都府の雇用情勢と取り組み」の観点で講義を進行。受講生の皆さんは、ブラック企業や長時間・過重労働問題が社会問題になる中、雇用情勢や京都ジョブパークの取り組みについて熱心に聴講された。連合京都は、働くことを軸とする安心社会の実現にむけた運動の一環として、これから社会にでる学生に「労働者の義務と権利」「労働組合の役割」を学習していただく機会を提供しています。


[2016 年 12 月 19 日]


12月17日(土)、「青年委員会・女性委員会共催2016クリスマスパーティー・政治学習会」が開催された。当日は、各構成組織の青年・女性組合員と民進党京都府連青年・女性議員ネットワークから110名が参加。第1部の政治学習会では、民進党京都府連会長の泉ケンタ衆議院議員を講師にクイズも交えながら、国会の制度・運営や法案審議をはじめ、長時間労働の是正や労働組合の必要性についても学んだ。第2部のクリスマスパーティーでは青年・女性委員会メンバーによる変装ゲームや三役産別からご提供頂いた各種賞品の表彰と抽選で大いに盛り上がり、盛会のうちに本年度のクリスマスパーティーを終えた。


 

[2016 年 12 月 02 日]

女性委員会は12月1日、第28回定期総会を開催し、2016年度活動報告や来年1月施行の「改正育児・介護休業法」にかかわる問題を通年のテーマとして取り組む2017年度活動方針、役員体制などを確認した。また、総会終了後、京都府の少子化対策の一環として取り組んでいる「ライフデザイン」について学習会を開催し、家庭生活や趣味、将来の夢などトータルの人生設計について人生年表を作成しながらグループワークを行い、また、京都府がどのような取り組みを行っているか、私たちが使える制度などを学習した。

[2016 年 12 月 02 日]

去る11月25日(金)、「連合京都青年委員会第5回定期総会」がラボール京都にて開催された。委員長挨拶では、今期で退任する安田稔委員長より、委員長を支えてくれた委員各位への感謝と御礼、新体制への期待が述べられた。また、連合京都を代表して原副会長からは、青年委員会のさらなる躍進と次世代を担う青年リーダーに向けて、力強いエールを受けた。続いて、「2016年活動報告」を行い、「2017年度活動方針」と「2017年度役員体制」を提案・承認された。新役員挨拶では、新委員長に選出された井上真二委員長から青年委員会のさらなる飛躍に向け、青年委員会メンバーと一丸となって邁進する旨、決意表明を受けた。

[2016 年 11 月 24 日]

11月23日の勤労感謝の日にキャンパスプラザ京都で実施された「ワークルール検定2016秋(初級)」に127名が受検されました。大阪市立大学の西谷敏名誉教授からの講義のあと、受検者はそれぞれ労働法規に関する20問のワークルール検定に臨みました。合格発表は、12月19日10:00にワークルール検定公式ウェブサイトに受験番号が掲示されます。連合京都は、長時間労働や過重労働等が社会問題化する中、使用者・労働者の双方がワークルールの知識を向上させることにより、労働・職場問題を未然に防止し、是正・解決できるものと考え、ワークルール検定の運営を担っています。2017年春・秋も開催される予定ですので、受験希望の方は、ワークルール検定協会HPをご参照下さい。http://workrule-kentei.jp/

[2016 年 11 月 07 日]

連合京都は、11月4日 ANAクラウンプラザホテル京都において、議員フォーラム第13回総会を82名の出席会員のもと開催した。「働くこと」の価値を高め、働く者が安心して働き続けられる社会づくりにむけた政策実現活動、「連携と活動の深化」を2017年度のキーワードとして、議員フォーラム会員が一丸となり取り組むとともに、働く者が中心の政治を取りもどす政治活動に一層邁進することを満場一致で確認した。総会後には、前原誠司衆議院議員(議員フォーラム顧問)を講師に、「緊張感のある二大政党制政治に向けて」と題した政策研修会を開催し、運動実践に繋げることを目的として、「アベノミクスの検証」「政権をめざす政党から責任を持って政権を担いうる政党となるための課題とめざす社会像」の共有化を図った。

[2016 年 10 月 31 日]

連合京都は、2016年10月28日(金)ラボール京都大ホールにおいて第29回地方委員会を開催。山下晃正京都府副知事、門川大作京都市長、山本正宇治市長、福山哲郎民進党京都府連会長代行にご祝辞を頂いた。橋元信一会長は代表挨拶で、「組合員とすべての働く者の立場にたち、ヨコの拡がり、タテの深掘りによる結集力・発信力を強化させ、賃上げの流れを継続させる2017年春闘への取り組み、労働者保護ルール改悪阻止にむけたクラシノソコアゲ応援団!キャンペーンの取り組みに総力を挙げる」と決意を表した。議案として掲上した第14期(後期)役員体制、2017年度活動計画など、討議のもと承認を得て確立した。

[2016 年 10 月 25 日]

連合京都壁新聞NO.340

過去の壁新聞は、トップページ過去ニュースからご覧いただけます。

[2016 年 10 月 20 日]

連合京都は、10月14日に第2回、19日に第3回2017年春闘実践研修会を開催。講師にJAMオルガナイザー育成推進室から狩谷室長を招き、2017春闘での4年連続の賃金引上げに向けた交渉力強化を狙いに、「なぜ労働組合が企業・経営問題に取り組まなければならないのか!」「経営に対する労働組合(組合役員)のチェックと提言・要求などの必要性」や「企業・経営問題に対する“武器”としての経営分析」「経営数値の引き出し方・分析と交渉への活用」についての実践研修を行った。来る2017年の春季生活闘争勝利に備え、「底上げ・底支え」「格差是正」「非正規労働者の処遇改善」を確実に前進させるための要求・交渉力UPをめざし参加者は熱心に耳を傾けた。


[2016 年 10 月 17 日]

10月14日夕刻 連合京都は、ラボール京都において第2回2017春闘実践研修会を開催。講師にJAMオルガザイザー育成推進室から狩谷室長を招き、第1回研修会のテーマである「2016春闘結果の振り返り」「春闘の歴史・経過」をステップアップさせた「経営数値の引き出し方と活用など交渉における実践研修」の内容で実施した。来る2017年の春季生活闘争勝利に備え、「底上げ・底支え」「格差是正」「非正規労働者の処遇改善」を確実に前進させるための要求・交渉力向上をめざす。第3回(最終)は、10月19日(水)18時30分、ラボール京都において開催。積極的なご参加を!


[2016 年 10 月 07 日]

10月4日、銑鋼一貫製鐵所である新日鐵住金和歌山製鐵所へ労働安全衛生委員を中心に43名の参加のもと視察を行った。

新日鐵住金和歌山製鐵所では、数1,000℃に達する溶鋼などを取り扱う危険な作業や40℃を超える環境下での作業などが主な作業であるため、「安全と健康は、全てに優先する最も大切な価値であり、事業発展を支える基盤である」との理念のもと、労使一体となった、本音の対話を通した「規律ある・風通しのよい職場」づくりや安全衛生教育の展開、グループ会社・協力会社の安全活動支援の推進など。また、作業者についても、常に安全最優先の意識を確認しあうための「ご安全に」という挨拶や指差呼称の励行、階層別・年次毎の安全教育、家族への安全メッセージ送付など、労働災害・死亡事故に直結する製鐵現場・製鐵作業における徹底した「安全衛生活動の今」を視察し多くの気づきと学びを得ることができた。

今後、労働安全衛生対策委員会として今回の研修会(視察)を通じた「きづき」を持ち帰り、其々の立場で職場に反映させて行くことを確認し研修会を終えた。

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

イベント・告知

連合京都地域協議会facebook