83回全京都統一メーデー・写真コンクール

審査結果

審査会 201266日(水)午前1000から1100
  於・京都総評別室
 審査員=溝渕ひろし・日本写真家協会会員、全京都統一メーデー実行委員会・梶川事務局長、京都機関紙協会・中村事務局長


 応募 7団体・14人から26点(1人2枚まで・・昨年は1632点)

      は講評



特賞・一点  (副賞2万円)
       仲野 良典・伏見ふれあいユニオン 

「原発ゼロ、増税反対、年金を下げるな!」

     スローガンとかバランス、きっちり構図が取れている。旗やノボリの彩りにぎやかで、横断幕を中心にうまくまとめられている。


一席・一点  (副賞1万円)

    高橋 幸雄・通信労組

        「ダダダ脱原発」

     人の動き、ひょうきんな動きの一瞬をうまくとらえている。プラカードを持った表情、気合が聞こえてきそうだ。「どうだ!」と。


二席・二点  (副賞5千円)

@       稲村 守・京都総評

         「職場にもどるぞ!」

     メーデーのスタートの気合が入っていて、文字・スローガンもきっちりおさめられている。いいポジションから撮っている。

A       高木 康之・自治労連組合員家族

      「NO!原発、消費税」

※圧縮効果が出ている。スローガン・人の表情・緑の季節感も感じられる。アングルも高い位置でいい。

三席・五点  (副賞3千円)


@       榊原 章夫・京建労上京支部

         「ちゃんと幕のびてる?」

     写真的な面白さ、技法の面白さがある。遊びの雰囲気がある。。 


A       有野 智子・全印総連京都機関紙労組

        「大飯原発再稼動反対」

  ※ハイアングルからの構図で、手前の人たちの気勢が感じられ、表情もよく、画面全体がスッキリしている。 

B       塚田 藍・京都医労連民医労東支部

        「初メーデーは・・・・」

     メーデーに家族で参加している。働く人たちの様子、団結のハチマキと子どもさんの可愛らしさがいい。お父さんの顔がもう少しはいってもいい。

C       牧野 一夫・京建労上京支部

     「進め、進め」

     メーデーらしい横断幕と人の流れ、街中での背景・ビルなど違和感なくマッチしている。全体の配置がいい。

D       辻 昌秀・京都総評

「それぞれのメーデー 2

※気合、旗の動き、手にも力が入っている。顔の表情もいい。ポイントがはっきりしてよかった。

 

 ポイントとして、動きのある作品がほしかったが、全体として大人しい作品多かった。作品の幅はあると思う。仕上げで工夫してもらったらいい作品になる。どちらかというと動きのあるものを選んだ