日本労働組合総連合会京都府連合会(連合京都)

お問い合わせ・ご相談は 0120-154-052
文字サイズ

第23回(臨時)中央執行委員会に関する報告

14-02229号
2017年07月27日

各構成組織
書記長・事務局長 各位
各地方連合会
事務局長 各位

日本労働組合総連合会
 事務局長 逢見 直人
 総合企画局長 仁平 章

 

第23回(臨時)中央執行委員会に関する報告

7月27日に札幌市で開催いたしました第23回(臨時)中央執行委員会における議論内容について報告します。
本日提起した内容は、労基法等改正法案の修正等に関する取り組みについて、先般連合が政府に是正要請した内容に対する政府からの回答の取り扱いとして、「三者構成主義の観点から、本件修正のみの政労使合意を模索したが、この趣旨についての一致点は現時点で見いだせない。よって、政労使合意の締結は見送ることとする」というものであり、提起のとおり確認されました。

中執では、本部提起について支持する旨の意見が複数出されました。
そのうえで、今後の対応に向けた意見として、「労政審での議論における組織内の意志疎通」「民進党や関係諸団体との関係再構築」を求める意見が出されました。
また、組織運営に関して、「マスコミ報道に対する連合本部からの正確な情報提供」「構成組織や地方連合会との日常的なコミュニケーション・連携強化」を求める意見が出されました。
同時に、「今回の件で失われた組織内外からの信頼は並大抵ではなく、その回復に向けた本部の指導をお願いする」「今回の件で組織内外から寄せられた声は連合への期待の大きさを示すものでもある」「すべての働く者のための組織であることを改めて発信すべき」などの意見が出されました。
意見を踏まえ、神津会長から「当面、認識の共有化に努めるとともに、組織運営や情報発信など体制のあり方についてもすみやかに再構築していきたい。連合は世の中から重みを持ってみられていることを改めて胸に叩き込んでいきたい。民主的な議論のもと、すべての働く者のための運動を一体となって取り組んでいく」と発言し、締めくくりました。

ご参考までに中執の提起資料ならびに冒頭発言の要旨を添付いたします。

以 上

 

(添付資料)
170727-houkoku-01 中執 労働基準法等改正法案の修正等に関する取り組みについて
170727-houkoku-02 中執冒頭発言
リンクバナー
  • ユニオニオンの紹介

    ユニオニオンの紹介
  • LINE スタンプ

    LINE スタンプ
  • クラシノソコアゲ応援団

    クラシノソコアゲ応援団
  • しっていますか?18歳選挙権

    しっていますか?18歳選挙権
  • 連合加盟労働組合リスト

    連合加盟労働組合リスト
  • 時短レシピ

    時短レシピ
  • 労働組合のつくり方

    労働組合のつくり方
  • 連合エコライフ21

    連合エコライフ21
  • はたらくを学ぼう れんごう学園

    はたらくを学ぼう れんごう学園
ページの先頭に戻る